副業に取り組もうとしているサラリーマンの方へ①

おはようございます。

 

今日は5月4日、ゴールデンウィークの真っ最中ですね^^

 

今日は副業始めようとしている方、または始めたばかりという方に対して私からいくつかアドバイスをさせていただきたいと思います。

 

先日知人から副業の相談を受けたので、その時に答えたことをみなさんにも共有させていただきます。

 

人が休んでいる時に仕事をしましょう。

 

これはかなり大事です。

 

今会社は休みですよね。なので普通のサラリーマンの方は会社に行きませんよね。

 

だから家でゆっくりしている人とか多いと思うんですよ。

 

ただそれではあなたは安定した副収入を得ることは難しいと思います。

 

私はちょうど3年前の今の時期に副業で物販ビジネスを始めました。

 

当時は休みを全て返上し、ビジネスに取り組んでいました。

 

なんなら女の子とのデートも「仕事が入った」って言って断ったぐらいです。

 

さすがに今はそこまでしないですが、ビジネスを始めたばかりの方、または始めようとしている方はビジネスに全てを捧げるようにしないとダメだと思います。

 

人が休みで浮かれている時に、ビジネスに没頭すればそれだけ差が開きます。

 

会社員と起業家では求められるものが違う。

 

会社員である程度活躍していても、自分でビジネスを起こすと成功しないという方は結構います。

 

これは簡単にいうと、ゼロ1思考があるかないかが大きいと思います。

 

会社員で仕事をしている場合、ゼロ1を作る必要がありません。

 

ある程度土台が出来上がった上で、仕事をこなせばいいので、課題をこなすのが得意な優等生タイプにはやはり適していると思います。

 

ただし起業家は違います。

 

課題すら与えられません。まず何が課題なのかを自分で考えて、それから取り組まないといけません。

 

行動指針があるわけでもないので、きちんとした方向に進んでいるかも、自分で判断しないといけません。

 

これは日本の学校教育を受けてきたいわゆる優等生タイプの人間にはかなり難しい作業です。

 

ないものを作るってそりゃ大変ですよ。

 

意外とおろそかにしているマネージメント

会社の経費精算などをおろそかにしていませんか?

 

会社でいう総務部や経理部が行う業務ですね。

 

今は会社が責任を取ってくれますが、起業家は自分で全て責任を取らないといけません。

 

確かに税理士さんに頼めば、経理処理を外注することは可能です。

 

ただしいくら税理士さんと顧問契約を結んでいたとしても、何かあった際の責任を取るのは起業家本人です。

 

従業員がミスをしたら、責任を取るのは雇用主であるのと同じ理屈です。

 

一人起業家の人は、ここらへんが雑な方が結構多いです。

 

私は元々経理と財務の経験があるので、そこらへんは人一倍注意していますが、一般の方はやはり難しいと思うので、普段から関心を持った方がいいですよ。

 

実際に取り組むのは人に任してもいいので。

 

関心を持つことが大事です。

 

まとめ

今日は少し長くなったので、続きは次回お伝えしたいと思います。

 

今日お伝えした内容もしっかりと頭に入れて、副業に取り組んでくださいね。

 

今日はこれくらいにしておきます。

 

ではでは。

 

LINE@

私と友達になりましょう!

友だち追加

今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて

「@kac7850a」をID検索してください!(@をお忘れなく!)

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です